山根木材の家づくり

5住宅性能 ―快適に暮らす。―

断熱等性能等級4
最新の断熱基準を満たす

断熱等性能等級とは、外壁、窓、床などの断熱性能によって、夏の暑さと冬の寒さから室内環境をいかに快適に保てるかを総合的に評価するものです。
断熱性を高めることによって、冷暖房費を抑え、省エネルギーとCO2削減を実現します。
山根木材では、国が定めた「断熱等性能等級4(最高等級)」を満たした高い断熱性能によって、一年中快適で暮らしやすい木の家を実現します。

評価項目
●外皮の断熱性能(外壁・窓など)

断熱等性能等級4

断熱性能
平成25年基準の優れた断熱性能

山根木材では、最高レベルとされる平成25年基準をクリアする断熱性能を標準としています。
高品質な断熱により、リビング、ダイニングの吹抜や勾配天井、約20畳の広いLDKも可能となります。
家全体の高い断熱性能により、真夏の暑さや真冬の寒さを和らげ、冷暖房のランニングコストも削減。省エネルギー対策やCO2削減に貢献する断熱性能です。

壁面への断熱材施工例
壁面への断熱材施工例

<床断熱 ジュピー 床から心地良く快適に>

長期優良住宅の主な条件である断熱等性能等級4。
山根木材では、等級4の基準を満たすために熱伝導率が0.020W/(m・K)と世界最高レベルの床充填専用断熱材『ジュピー』を採用しています。
他の断熱材と比較しても圧倒的に断熱性能が高く、経年劣化が極めて少ない断熱材です。

『ジュピー』4つの基本性能

  • 高い断熱性

    数値が小さいほど、断熱性能が高いことを表す熱伝導率。
    ジュピーは、世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても圧倒的な断熱性能を誇ります。

  • 長期断熱性能

    他の断熱材に比べて、経年劣化が極めて少なく、高い断熱性能が長く続きます。

  • 安全性

    素材は熱に強く、燃えにくいフェノール樹脂。フェノールフォームは炎にあたると炭化し、燃焼時の発生ガスが少なくなります。
    ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆   4VOC基準にも適合

  • 環境性能

    環境に優しいノンフロン発泡の断熱材。グリーン購入法の適合商品にもなっています。
    グリーン購入法適合商品

床充填専用断熱材「ジュピー」1床充填専用断熱材「ジュピー」2

<壁断熱 アクリアネクスト 高性能な断熱を実現>

山根木材が採用する高性能断熱材『アクリアネクスト』は、シックハウス症候群の原因と言われるホルムアルデヒドを含まず、健康、安全、環境にも配慮された高性能なグラスウールでできています。
グラスウールは、細かいガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくする断熱材で、『アクリアネクスト』は、一般のグラスウールに比べ繊維径が細かく、本数が多いため、断熱性能がさらに向上します。
グラスウールの特長である経年劣化の少なさにより、長期にわたって性能を保ち続けることが可能です。
断熱や防湿の対策をしていない家では壁内部の見えないところで結露が発生し、柱の腐食などの原因になりますが、『アクリアネクスト』は高性能の防湿フィルムを採用しているため、壁内部への湿気の浸入を防いでくれます。

断熱性能「熱抵抗値」の比較グラスウールの断熱性能の経時変化
アクリアネクスト
アクリアネクスト
一般のグラスウール
一般のグラスウール

断熱等性能等級4の家で冷暖房費を節約

エアコンの冷房を切ると寝苦しい暑さの夏の夜。
アクリアで高断熱・高気密を実現した家の中なら冷房効果が長持ちし、熱帯夜も楽になります。寒くて布団から出るのがつらくなる冬の朝。
アクリアでしっかり高断熱・高気密にした家なら魔法瓶のように暖房効果を保つことができます。

アクリアネクスト施工例
アクリアネクスト施工例

アルミ樹脂複合サッシ

山根木材では、アルミと樹脂の複合構造で、高い断熱クオリティをもつ「アルミ樹脂複合サッシ」を採用。
樹脂の熱伝導率は、アルミの約1000分の1。
室内側に断熱性に優れた樹脂素材を使用することで、室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。
外観のアルミ素材が住まいの表情を引き締め、内観の樹脂素材がアルミにはない柔らかさや人肌になじむ風合いを演出し、室内に温かみをもたらします。

アルミ樹脂複合サッシ
アルミ樹脂複合サッシ

Low-E複層ガラス

夏の冷房時に、窓やドアから室内へ入ってくる熱は、家全体に入る熱の半分以上を占めます。窓ガラスの室外側にLow-E金属をコーティングしたLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)は、室内に入る太陽の熱線を50%以上カットし、冬は室内の熱を外に逃さないため、冷暖房の効率を高めてくれるとともに、紫外線を大幅にカットするので、畳や家具の日焼けを防ぐ効果もあります。

■夏:冷房時の熱の流入割合

Low-E複層ガラス

■夏も冬も快適な仕組み

Low-E複層ガラス

(一社)日本建材・住宅設備産業協会
省エネルギー建材普及センターホームページ「省エネ建材で、快適な家、健康的な家」

Low-E複層ガラス
Low-E複層ガラス

山根木材が考える劣化の軽減

家は時とともに衰えるのではなく、年月を重ねて味わい深さが増すもの。
10000棟を超える経験で培われた劣化を防ぐ方法が活かされます。

劣化対策等級3
永く住み続けるための対策

劣化対策等級は、木材の腐朽などによる建物の劣化のしにくさを評価した基準です。
等級3は、構造躯体が3世代(75~90年)にわたって住み続けられる劣化対策が施された建物であり、山根木材は、劣化対策等級3を満たした永く住み続けられる家を実現します。

評価項目

  • 外壁の軸組等の防腐・防蟻

    外壁を通気構造等とし、かつ外壁の軸組等の地盤から1mの高さまで薬剤処理。

  • 土台の防腐・防蟻

    土台に接する外壁の下端には水切りを設け、土台に次のいずれかの防腐・防蟻措置。

    a.土台にヒノキ、ヒバ等を使用

    b.K3相当以上の防腐・防蟻処理

  • 地盤の防蟻

    基礎の内周及びつか石等の周囲の地盤は、次のいずれかの防蟻措置。

    a.鉄筋コンクリート造のベタ基礎またはこれに準じるもの

    b.有効な土壌処理

  • 基礎の高さ

    地面から基礎上端までの高さ400mm以上。
    など8項目

劣化対策
ヒノキの土台
K3相当の防腐処理を施したヒノキの土台
地盤の防蟻処理
地盤の防蟻処理

防腐・防蟻
木を守る

山根木材では、地盤から1mの高さまで防腐・防蟻処理を行います。
阪神淡路大震災の際に、柱・土台の腐朽やシロアリ被害のために建築当初の強度が維持できず、地震による被害が大きくなる例があったように、家の劣化は耐震性などの強度に大きく影響を与えます。
広島は、高温多湿で木材が湿気による腐朽やシロアリなどの被害に遭いやすいことから、長期にわたって耐震性能を保つためには、防腐・防蟻対策が重要となります。

腐朽菌とシロアリの被害から木材を守るために

  • 耐久性の高い木材の選定
  • 床下などの換気
  • 防腐と防蟻の薬剤処理

これらを組み合わせた対策が必要となります。

防腐・防蟻の薬剤処理

木の家にとって大敵であるシロアリ。床下へのシロアリの侵入を防ぐために、薬剤を散布する土壌処理と、地盤から1mの高さまで防腐・防蟻処理を施します。
さらに山根木材では、防蟻処理に対して10年保証を実施しています。

木材保存材を全面噴射処理した土台
木材保存材を全面噴射処理した土台
地盤の防蟻処理
地盤の防蟻処理
地盤から1mの高さまで防腐・防蟻処理
地盤から1mの高さまで防腐・防蟻処理